2007年02月18日

2007年2月度札幌旅行記 3日目

前にも書きましたが、当初この日は千葉へ戻る予定でした。
しかし休みが多く取れたのでもう一日滞在。しかし予定は全く決めていなかったのです(笑)
一応、行きたいところややりたい事はあったのですが、それを具体的にする予定は全くナシ。
なので、ここからはホントに行き当たりばったり、やりたいことやる!って感じです(笑)

この日訪れたのは夕張、小樽、そして札幌。よくもまぁ1日で行って楽しんでこれたなぁと我ながら関心します。

245_20070212_01.jpg
朝の中島公園


■特急とかち

 予定はないと言いつつも、せっかく1日あるのだから夕張に行ってみようとホテルを出ます。当然、時刻表も持っていないので、いつ、どんな交通手段で行けばいいか全く分かりません。
とりあえず、着いた先が札幌駅バスターミナル。ここから都市間高速バスが多数出ています。旭川や滝川に行くときはいつもお世話になってます。そこで夕張行きのバス「高速ゆうばり号」の時刻を見ると…次のバスが12時過ぎ。今の時間が10時頃。2時間ぶらぶらと待っても言いのですが時間がもったいないのでこれはパスです。続いてJR。時刻表を見るまでもなく、改札口上部の列車案内に「特急とかち3号 10:16 帯広行き」の文字が。確か夕張に行くのはこれでよいはず、今の時間は10時5分過ぎ。決定です!券売機で「新夕張駅」までの自由席特急券と乗車券を購入。改札をくぐります。ホームにはすでにとかち号。車両を見ると「指定席」。自由席車両を探します。…見当たらない、発車時刻が迫ります。仕方なくホームにいた駅員にたずねると私が探してたのとは全くの逆、進行方向後ろ2両が自由席。先頭まで来てしまいました(笑)そこからダッシュ!何とか間に合い、座席に着いたところで出発。間一髪でした…
そんなわけで、列車の旅の楽しみ「駅弁」も何もありません…車内販売でいいかな?と思ったら先頭車両から売りに来るので、私のところに来たのは新夕張駅近く…まぁ仕方ありませんね。

245_20070212_02.jpg
特急とかち 新夕張駅にて


■新夕張駅

 ここで特急列車を降りて普通列車夕張行きに乗り換えます。待ち時間はだいたい20分くらいだったかな?ホームから一度改札まで行きます。と言うか乗車券が新夕張までしかないので。
無人の改札に乗車券入れを放り込み駅の外へ。うん、何もない…キオスクだけがありました。とりあえず朝から何も食べてなかったのでキオスクでおにぎり2つ購入(お茶は持ってた)券売機で夕張までのキップを買って、再び無人の改札をくぐりホームへ向かいます。そこには「千歳→夕張」と書かれたワンマン車が1両。また運転士もいません。
しばらくして運転士登場。入り口を開けてもらい乗車。発車時刻近くになったらぞろぞろと乗客。ここから約20分くらいかな?終点夕張まで行きます。

245_20070212_03.jpg
夕張行普通列車 新夕張駅にて


■夕張

 夕張駅到着。ホームを降りて、無人の改札にキップを置いて、ドアを開けたら外。え?こんなもん?なんか新夕張駅よりも小さいのでちょっとビックリ。完全な無人駅でした。
駅を出ると目の前はスキー場の施設。あれ?街は無いの?ちょっと拍子抜け。聞くと街はここから少し行った所。う〜ん。とりあえずスキー場の方へ歩いてみます。
駅から少し歩いて橋を渡ったらもうゲレンデ。私はスキーはやらないのでゲレンデに立ったのは初めてかもしれません。しかもスキーウェアに身を包んだスキーヤーがたくさんいるなか、明らかに場違いな格好(笑)天気も良く景色も素晴らしかったのですが、なんか邪魔になりそうだったのでとりあえず建物の中へ。そこはレストランとかお土産売り場とか…フロントもあったのでホテルなんでしょう。きっと。そこでとりあえず帰りの電車かバスを探します。JRだと約1時間くらい先に普通列車があって、新夕張駅でまた1時間くらいまって札幌…。バス。ありました「高速ゆうばり号」があと10分くらいで来ます!もうこれで帰ろう!そう思ったらロビーに響くアナウンス「新千歳空港行きバスが…」え?空港行?札幌は?ロビーにいたホテルマンにたずねます。「高速ゆうばり号」は新千歳空港行きバスとは違う停留所で、しかもそこにいないと通過してしまうとのこと。10分前でしたが仕方なくホテル前の停留所に向かいます。そしてボーっと待つこと15分くらいでしょうか?「高速ゆうばり号」が到着。これで一気に札幌まで行ってくれるとはありがたいことです。
夕張で何をしたか?聞かれると辛いですが…おにぎり2個買いました(笑)それだけ。
冬はスキーがメインだけど、たぶん夏に来て車でスイスイ移動出来るようになればもっと楽しめる…かな?そんな感じでした。

245_20070212_04.jpg
JR夕張駅舎

245_20070212_05.jpg
スキー場へ架かる橋から夕張市内を望む


■白いカレー

 白いカレー(ホワイトカレー)は最初ここ(北海道雑学百科 ぷっちがいど ホワイトカレー)で知りました。この「北海道雑学百科 ぷっちがいど」さんは私にとってはバイブル的存在。いつもお世話になってます!
そんな感じでホワイトカレーを一度食べてみたい!と思ってました。そして去年発売されたのがハウスの「北海道ホワイトカレー」でもまだ食べてません。やっぱり最初に北海道で食べないと!そして探しました…でもないの…スープカレーは山ほど情報があるのに。そこで「ぷっちがいど」を再度検証。なるほど富良野プリンスホテルが発祥。今は札幌ドームで食べられると。いや〜でも札幌ドーム行かないしなぁ…札幌プリンスホテルでも食べられるらしいけど、ちょっとホテルのレストランって敷居が高いイメージあるし…なんて思ってる間に2007年になってしまっていたわけですが、それが前回。いや前々回かな?札幌に行ったときに見つけたんです。「白いカレー」の文字を。それは以外と身近な場所。JR札幌駅東改札口を出たとこにある喫茶店。そこにありました!前はおなかいっぱいで食べれなかったりだったので、今回こそはと挑んだわけです。

さて、私のホワイトカレーにかける意気込みはいいとして…

「高速ゆうばり号」も札幌市内の吹雪にも負けずに高速バスターミナルに到着。時間は15時頃でしょうか?まだおにぎり2個の私にとってはちょうどいい時間。札幌駅東口に向かいます。喫茶店に入り「白いカレー」を注文…しばらくして登場!

 うんめぇ〜!!!!

友人がハウスの「北海道ホワイトカレー」を食べたと聞いたとき「いや?普通に白いだけだったよ」と味気ない感想が帰ってきたのを思い出しました。そりゃぁあんた。作り方でしょ?なんと言うか、カレーのスパイスな辛さはあるわけで、この部分はカレーです。しかし白くクリ−ミーな感じ。ここがまた良い!辛さの中にあるクリ−ミーさ。なんだろうね。クリームシチューみたいな?でもカレーなんだよね。クリームシチューをご飯にかけたのでは無い!ホント最高です!そして、一緒に付いて来た使い捨てのおしぼりの袋に印刷されたマーク。お、プリンスホテルじゃん!この喫茶店はプリンスホテル系なのかぃ?という事はこの味は本場なのかぃ!!
もう最高のひとときでした♪次来たときも必ずいただきます!
ホントおすすめですよ。

245_20070212_06.jpg
白いカレー


■小樽

 小樽は全く行く予定はありませんでした。しかしその前日11日に地下鉄の広告で「小樽 雪あかりの路」を知ったのがきっかけ。ちょうど時間もいい頃だし、と言うことで行ってみる事にしました。
白いカレーを食べ終わり、幸せ気分でロッカーに置いてあった荷物をとり宿に向かいチェックイン。当初12日までの行程だったので、それまで泊まってたところは残念ながら延泊できずに最終日の宿泊地は急遽取ったところです。
軽く準備をして出発。札幌駅から快速エアポート小樽行に乗り込みます。このあたりは本数も多く助かります。

245_20070212_07.jpg
JR小樽駅 裕次郎ホーム


■小樽 雪あかりの路

 今夜は寒い!−5℃?たまにちらつく雪がまた寒さを倍増させます。
小樽駅から小樽運河に続く道を歩きます。歩道に積み上げられた雪の中にも火を灯したロウソクが…風情があります。
小樽運河着。すごい人出ですが、それ以上になんとも幻想的な景色。小樽運河の夜景はとても有名ですが、さらに白い雪。そしてロウソクの灯火がマッチしてとてもいい雰囲気です。運河沿いの歩道を歩くと歩道脇にもたくさんの優しい灯火が。その中をゆっくりと歩くと一歩ずつ時間が戻っていくような気さえします。(贅沢言えばこれでもうちょっと人が少なかったら…)
小樽運河を2周程して、時間もいい感じになったので小樽駅に向かいます。
途中、旧国鉄手宮線跡にも雪あかりの路が出来ていました。北海道で最初の鉄道だったらしく、雪の無い時期に行くと線路がちゃんと残っていたのですが、今はさすがに雪に埋もれてます。

札幌の雪まつりも壮大で良いですが、小樽の雪あかりの路もとても和み癒されます。雪まつりと同じ時期に開催されるのでこちらも是非行ってみてはいかがでしょうか?

245_20070212_08.jpg
小樽運河

245_20070212_09.jpg
旧国鉄手宮線跡


■札幌雪まつりのラスト

 この日2月12日は札幌雪まつり最終日。22時に各雪像の照明が落とされるそうです。
小樽から戻った私はその足で大通公園へ。もう一度ひと通り雪像達を見たあとに、テレビ塔へ向かいます。テレビ塔は実はまだ一度も展望台まで登ったことなく、せっかくなのでこの日初めて行ってみました。
さすがに、札幌最大のイベントの日。そして最終日。凄い混雑です。展望台に上るエレベーター。どれくらい待ったのでしょう?消灯まであと20分くらいのときにちょうど展望台に到着。そしてそこから見る大通公園。鮮やかなイルミネーションがとても綺麗です。ちょっと遠いけど雪像達も美しくライトアップされてます。そして消灯時間近く。せっかくなので消灯の瞬間まで見届けます。22時。ライトが消されます。今年の札幌雪まつりがこの瞬間幕を閉じました。私はたった3日間お付き合いしただけでしたが、なんとも感動的。素晴らしいものを見せてもらいました。

245_20070212_10.jpg
テレビ塔展望台より 大通公園を望む(消灯前)

245_20070212_11.jpg
テレビ塔展望台より 大通公園を望む(消灯後)


消灯後も大通公園のライトはまだ点いています。
テレビ塔前にあった木々のイルミネーションもまた美しい…

245_20070212_12.jpg


■ホテルへ

 長かった一日もこれで終わり。なんかいろんなところに行って、いろんなことやって、いろんな想い出を作ってきて、とても充実した1日だったような気がします。ちゃんと計画立てて行くのもいいけど、たまにはこういうのも面白いかもしれません。ただ、電車やバスは時間誤ると大変なんでそこだけは…



245_20070212_13.jpg
大通公園から札幌市内

245_20070212_14.jpg
時計台
posted by makoto at 12:02| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。