2006年08月31日

2006年8月度札幌旅行記(第3日目)

3日目。8月22日(火)
この日はちょっと曇り空。ホテルで自転車の貸し出しをやってるとのことで、今日は自転車で札幌市内観光です。これまで徒歩や地下鉄で行ける所は行ったのですが、やはり広い札幌。自転車でいろいろと周ってみるのもいいものです。

■まずは…

 借りた自転車はまぁごく普通の自転車。変速機が付いてたのである程度は楽です。10時過ぎ頃ホテルのある南7条付近を出発。朝の(もう昼近くですが…)すすきのを抜けてアルタへ向かいます。はい。ハロープロジェクトオフィシャルショップ@札幌店です。
開店は11時。まだ少し時間があったので近所を走ります。いつもは徒歩ですが自転車で周ると意外と何処も近い感じです。開店時間となり店内へ。26日に発売となったこんこんの公式写真をゲット。再び自転車に戻ります。

■目的地

 観光ガイドブックはおろか、地図すら持ってない私がまず向かったのはコンビニ(笑)ガイドブックを立ち読みし目的地を決めます。
行ったこと無いところ…そう言えば前から気になっていたけど場所が中途半端でなかなか行けなかったところがありました。「札幌市中央卸売 場外市場」です。朝も食べてないし昼も近いしちょうどいいかもしれません。
だいたいの場所をインプットして出発です。着くのでしょうか…

■札幌市資料館

 まずは大通公園を西向かいます。まだ人の少ない公園内をひた走ると目の前に古めかしい建物が現れました。そう言えば去年の11月に北海道厚生年金会館でのコンサートに行ったとき。この建物がライトアップされていて「何の建物だろう…」と不思議に思ってました。今日はチャンス!近寄ってみます。

205北海道16.jpg

中に入れるようなので早速見学。どうやら「旧札幌控訴院」と言って昔の裁判所みたいなところのようです。大正時代に建てられたものだということで、館内はやはりそれっぽい凄く情緒のある雰囲気です。展示はあまりありませんでしたが、大通公園の建設前の写真や建設中の写真。札幌市内の昔の写真などがあり、歴史に興味ある私にとってはなかなか面白いものでした。ちなみに館内は無料で入れます。

■札幌市中央卸売 場外市場

 札幌市資料館を後にしてさらに西に向かいます。どこまで行ったでしょうか?どこかで来たに向かわないといけないのですがどうもよくわかりません…だんだんと山が近づいてきます。
ちょっと(と言うかだいぶ)不安になったので近くのコンビニにin。地図を調べます。どうやら西に行き過ぎた様子…ちょっと戻って今度は来たに向かいます。
しばらく走ると倉庫やらが見えて来て、パッと開けたところに市場はありました。前に函館朝市に行ったときに見た市場の雰囲気っぽい感じです。お店の人が見せの前で声を出し、たくさんの人が試食やらなにやらで賑わってます。まさに市場!って感じ。ちょうどお昼にいいかな?と少しブラブラとお店を見るも凄く美味しそうな丼モノばかり!しかし値段もそれなり…だいぶ悩んだ挙句…あきらめました。
場所もわかったので、今度はもっと(金銭的に)余裕を持って来たいと思います!

■さて…

 再び自転車に乗り場外市場をあとにします。さて。どうするか…走りながら考えて見ます。しばらく行くとJR桑園駅。しかも少し雨が降ってきました…さらに走り札幌駅南口付近。線路をくぐりヨドバシカメラあたりでちょっと雨宿りしながら考えます。
線路を走る電車をみながら…思いついたのが「サッポロビール園」いつも札幌駅に着く前に見るあの煙突です。ちょうど北口だし駅に着く前に見えるからここから近いはず!相変わらず地図も見ずに雰囲気だけで出発です。

■サッポロガーデンパーク

 雨も上がって出発!札幌駅を横目に自転車で走ります。「たぶんこっちだろう」と言う感じだけで(笑)
しばらく行くと道路に「サッポロビール園↑」の看板。その案内の通りに行くと到着しました。サッポロビール園です。出来たて直送生ビールが味わえる「サッポロビール園」とサッポロビールの歴史が学べる「サッポロビール博物館」があるこの敷地一体を「サッポロガーデンパーク」と言うようです。
早速自転車を置いてガーデンパーク内へ。まずは博物館です。入り口で案内のお姉さんに呼び止められ見学である事を告げるとパンフレットと周り方を教えてくれました。見学は無料です。
サッポロビールどころか日本のビールの歴史がわかります。サッポロビールの歴代のラベルやCMなどなど。ビール好きじゃなくてもなかなか楽しめる博物館です。

205北海道17.jpg

205北海道18.jpg

205北海道19.jpg

しかし何よりも楽しみなのが最後の試飲コーナー。有料ですが安くビールの飲み比べが出来ます。私が頼んだのは「黒ラベル」「エビス<黒>」「開拓使麦酒(地ビール)」の3種類。

205北海道20.jpg

黒ラベルはまぁいつものって感じ。エビスは普段あまり口にすることはないですが、やっぱり美味しい!まろやかな感じです。開拓使麦酒は創業当時の味を再現したビールだそうで地元北海道富良野産のホップを使用してるとの事。正直ちょっと違いがわからなかったけど美味しいビールでした。

続いては食事です。やっぱりジンギスカンを食べよう!とビール園に向かいますが、受付で財布と相談したとこと却下…食べ放題飲み放題をうんと楽しむなら安いですがそんなに食べれないなぁと思ったので。
近くにオシャレなレストランがあったのでそこへ入ります。「ビヤカフェ・ライラック」
ガラス張りで中からは外の赤レンガの建物が良く見える雰囲気のいいお店。メニューはやっぱりラム肉を使った料理が多かったです。私は「厳選ラムのラムカツ&野菜のご飯」を注文。あとビールも♪

205北海道21.jpg

野菜ごはん(ごはんと野菜が刻まれたのが混ざったものかな?)の上にくぼみが出来ていて、そこにぷるぷるとろとろの半熟玉子が乗ってます。ラム肉を揚げたラムカツが3つそのごはんによりそうように並べてあります。女性のスタッフが運んできてくれたのですがテーブルに置くとき「あ、プルプルしてる♪」と小声で言ってたのがちょっと印象的(笑)それだけ見た目もすごく美味しそうでした。
ラムカツはすごく柔らかでサクサク。ジンギスカンでしか食べたこと無かったのでなんかとても新鮮な味。野菜ごはんも半熟玉子と合わせると、もうとろとろでしあわせ〜な感じ。間違いなくこんこんが好きそうな感じです。そんな最高に美味しい料理を産直生ビールを片手に赤レンガの建物を見ながら頂く…幸せなひと時です。

■豊平川を行く

 別に泳いだわけじゃありません。
サッポロガーデンパークを後にして再び自転車で出発。これだけ美味しい料理を頂いたのでさらに欲が出てしまい次の目的地は中の島にある「すみれ」
またとりあえずカンだけで線路をくぐり豊平川まで向かいます。ここから川沿いにひたすら走ります。前々からこの豊平川沿いを走ってみたいなぁって思ってたので、今日はその夢が実現です。
左手に札幌の中心地を眺めつつ川沿いを走るのは気持ちいい!ちょっと曇り空なのが残念ですが…

■すみれ本店

 ちょっと分かりづらいとこにありますが、一度来たことあるので何となく場所はわかりました。無事に到着です。駐車場は満車。タクシーもいます。店内をのぞくと平日で昼も過ぎた時間だというのにやっぱり満員。こりゃ時間かかりそうだな…という事で今回は諦めました…じゃぁ次は澄川の純連に行ってみよう!と思ったけど…さすがに疲れてきたので諦めて帰宅です。ま、また今度来ましょう。

■ホテル着

 もう夕方近く。ホテル近くのコンビニで「すみれ」のカップラーメンを買ってホテルで食事。お店まで行ったのに結局カップラーメンで食べてる自分ってなんだろう…とかちょっと思ったけど美味しかったからまぁいいでしょう(笑)この日の夕御飯になりました。


まぁ、結構この日は走りました。疲れたけど坂がほとんどなかったのが楽でした。うちの方は坂ばっかりなんで。普段行けないあまり行けない札幌に自分の力で行けたってのがかなり満足です。
ただ一つ心残りが…場外市場に向かう途中に途中まで向かってた山。たぶん円山公園かな?今度はそっちを目指したいと思ってます。
posted by makoto at 22:34| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして札幌在住のmotanと申します
”ひつまぶし”を検索してて辿り着きました
月末に名古屋スタートで神戸まで旅行するので・・

向かっていった山はおそらく円山の隣の大倉山かと思います
ジャンプ台が見えませんでしたか?
大倉山シャンツェは夏も見学できて
札幌の夜景をみるのに最適かも!次回は訪れてみて下さい
途中円山方面で坂がキツくなりますが是非お勧めです
Posted by motan at 2006年09月03日 01:45
>motanさん
はじめまして。コメントありがとうございました。
「ひつまぶし」と言うことは2005年1月31日の記事にあった「あつた蓬莱件 松坂屋店」ですね。http://riskycat.seesaa.net/article/1780493.html
ずいぶん前の話になってしまいますが、ここは本当に美味しかったです。ただ値段もそれなりなのでなかなか簡単には行けません…でもぜひ一度は行っておきたいお店です。
私が見ていた山は大倉山でしたか。そのときはジャンプ台は確認できませんでしたが先日行ったときは見えました。寒くならないうちにまた自転車で円山や大倉山にも行ってみたいと思います!
Posted by makoto at 2006年09月04日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。