2006年07月14日

グッドウィルカップ決勝大会 その2

本当に悔しいです。最後、こんこんに優勝カップを持たせてあげたかった…しかし勝負の世界っていうのは厳しいものでこれが現実なのかもしれません。我々以上に悔しい思いをしているであろうGatasのメンバー。そしてこんこんはその悔しい思いも本当に真剣にそして勝つ!と言う気持ちを最後まで諦めなかったからこと出てくるものだと最後にコメントしていました。悔しい思いはあるけれどやるべき事はやったとそういう気持ちを最後に聞けたのが唯一の救いでした。

会場入り口にはガッタスの大きい横断幕が飾られてあり、そこには無数のメッセージが書き込まれていました。
188ガッタスコメント01.jpg

係員が「今大会で引退する紺野選手に」と言っていたのでオフィシャルなんでしょう。私も遠慮なく…とは言うもののすっかり書くとこがなくなってしまい仕方なく遠慮がちに書かせていただきました。

188ガッタスコメント02.jpg

試合中。この横断幕は見なかったのですがその後どうなるんでしょうか…


決勝大会第1回戦第二試合。XANADUとの対戦。試合前の入場時には柴ちゃんは10番よっちゃんの、是ちゃんは9番梨華ちゃんの、そして里田まいちゃんは6番みきてぃのユニフォームを上から来て登場。そしてそのまま練習に参加していました。粋な事をしてくれるものです。
試合開始。最初は調子良かった。しかし気づくとガッタスのディフェンスがどうも甘い。と言うかいない?サッカーフットサル全くのド素人の私が見てもXANADUと言うチームは隙あらばガンガンミドルシュートを打ってくるチームです。最初はガッタスはディフェンスもいいから大丈夫だろうなんて思ってたらこの試合はおかしい…是ちゃんやあさみが前へ攻めに行くのはわかるがまいちゃんや柴ちゃんまで…そしてそのスキをつかれ気づいて戻るも追いつかず、追いついたとしてもすぐに突破されシュート。こんこんも反応するがほぼ無防備状態から打たれた強烈なシュートには手が届かず2点…長いようで短い前半12分でした。
後半12分。やっぱりガッタスのディフェンスが甘い…しかしまるで何かがのりうつったような集中力を見せてくれたのがこんこん。もう何が何でもこれ以上は絶対に点は入れさせない!その気迫がまるでゴール全体を包んでいるようでした。容赦なく打たれるシュート。これを物凄い集中力で好セーブ。その気迫は凄いモノがあります。そしてこんこんのゴールスロー。これもまた凄かった「頼む!点に繋いで!」と言う心の叫びが球に込められているようでした。最後の最後までロスタイムの最後までこの諦めず最後まで「勝つ!」と言う気持ちでこの体を張った好セーブに懇親のゴールスローも点には及ばず残念ながら負けてしまいました…最後、うっすら涙を流しているような感じでしたがそれを悟られないように隠しながらベンチに戻っていく姿がまた印象的でした…

閉会式。試合も長引き夜も10時を回っていました。
まずは全チームキャプテンからのコメント。ガッタスは今大会キャプテンマークを付けた柴ちゃん。最後まで応援してくれたけど負けてしまい申し訳ないと挨拶。そしてこれでガッタスも引退するこんこんにマイクが渡ります。

皆さん、今日は本当にありがとうございました。
私にとっては最後の大会になるので、この試合本当に勝ちたかったし、だから本当に悔しいと言うのが正直な気持ちなんですけど、でも、最後まで本当にあの…あきらめなかったし、勝ちに行く意識でやれたと思うし、そういうその、悔しいと思う気持ちも、本当に真剣に勝ちたいと思うからこそ出てくる気持ちだったと思うので本当に私真剣にフットサルに取り組めた事は、嬉しい事だなと思います。
そして、え〜っと。これからももっともっとフットサルがみんなに…こう…愛されて、楽しんで行ってもらいたいなと思うので、皆さんこれからも応援よろしくお願いします。
そして、今日、あの〜こんな時間…10時とかまでちょっと押しちゃったんですけど、最後まで残って応援してくれて本当にどうもありがとうございました!



最後の最後まで諦めない気持ち。後半のこんこんの姿を見ていればその気持ち十分に伝わってきます。残り数秒までホント諦めない!まだいける!と言うあの表情。私は一生忘れません。そして最後これまでやって来た全てを出し切ったかのような気迫に迫るあのプレイ。勝利こそは逃したけれど最高のプレイでした。

閉会式が終わり選手退場。各チームが場内を一周し退場します。ガッタス。こんこんはきっと辛いだろうけど笑顔で声援に応えます。そして場内を周り終え退場口に差し掛かったとき、ふとこれまでの様々な思い出などが一瞬で甦ったのか涙顔になるこんこん…しかしその姿を誰にも見せないようにするかのように退場口から走り去っていきました…

全選手が退場後。場内に響き渡る紺野コール。ただ、アイドルが、モーニング娘。のメンバーである子がフットサルをやったと言うだけではなく、その彼女達のフットサルに対する思いや情熱などなどいろんなものが観ている人たち、私達に勇気や感動を与えたのだと思います。この紺野コールは私達に出来る精一杯のこんこんへのお礼の言葉なのかもしれません…


Gatas Brilhantes H.P. 12番 ゴレイロ 紺野あさ美

勇気と感動をありがとう。
posted by makoto at 22:00| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ツアー・遠征レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。